出典:ツイッター

ガンダムキャラクター

ジュドーアーシタのセリフや名言!メンタルの強さや最強説も調査!

 

『機動戦士ガンダムZZ』の主人公、ジュドー・アーシタ。

ガンダムTVシリーズ第三作目の彼は、前作主人公たちよりもメンタルが強いという噂があります。

また、ジュドーこそが最強のニュータイプだという意見もあるそうです。

ジュドーのメンタルが強いという根拠は何か?

ジュドーが最強のニュータイプと言われる理由とは?

今回の記事はそんなジュドーの噂について、ジュドーの名言やセリフと共に調査しました。

 

スポンサードリンク

ジュドーアーシタのセリフや名言のまとめ!

 

出典:http://www.gundam-zz.net/character/01.html

 

『機動戦士ガンダムZZ』にて出てきたジュドーのセリフ・名言(迷言)をまとめました!

 

  • 「あー!ありゃ、アーガマだ!本物のアーガマだ!」
    出典:第2話『シャングリラの少年』
    (第1話が説明回だったので、実質第2話が第1話に該当する)

 

これがジュドーの初セリフです。ジャンク屋の仕事として流れてきたMSの脱出ポッドを回収する最中にアーガマを見ていったセリフですね。

やはりグリプス戦役で活躍したアーガマは民間人にも有名なようですね。

 

 

  • 「大儲けしたら、お前も山の手の学校に行かしてやるから!」
    出典:第2話『シャングリラの少年』
    (第1話が説明回だったので、実質第2話が第1話に該当する)

 

ジュドーの最愛の妹、リィナに対してのセリフです。

ジュドーや仲間達も山の手の学校に在籍していますが、全く出席しないので鼻つまみ者扱いでした。

そんなジュドーですが、妹のリィナを山の手の学校に通わせるという目的があり、その為に危険なジャンク屋の仕事に精を出しています。

しかし、妹の心兄知らずとは言ったもので、リィナの望みはジュドーの方こそ学校に行ってほしいという物でした。

 

  • 「稼がなきゃならないのさ。戦争のおかげで親は二人とも出稼ぎなんだぜ」
  • 「他のコロニーへ出稼ぎさ。仕送りしてくれるけど、空気や電気の料金は税金以上に取り立てられるからな」
    出典:第2話『シャングリラの少年』
    (第1話が説明回だったので、実質第2話が第1話に該当する)

 

Zガンダムを盗み出す為アーガマに侵入の方法として、ファ・ユイリィを人質にしたジュドー達をファが「学校にも行かずに親を泣かすようなことをして楽しいのか」と責めた際に反論したセリフですね。

地球と違い、水も空気も無い宇宙空間異浮かぶスペースコロニーでは生命維持に不可欠なそれ等の値段は税金よりも高いというコロニーの世知辛い事情をうかがい知れるセリフでした。

このセリフにはコロニー育ちであるファも「そうね」と同意していました。

 

 

  • 「あいつ……人を殺したんじゃないのか?お……俺たちが何で苦労しているのか全く……全く知らないでさ。
    だから大人って……何の見境もないんだからー!」
    出典:第2話『シャングリラの少年』
    (第1話が説明回だったので、実質第2話が第1話に該当する)

 

 

Zガンダムを盗み出す為にアーガマに侵入したジュドー達ですが、出来るだけ穏便に済ませたかったジュドー達の考えを踏みにじるように、手を組んでいたヤザン・ゲーブルは乱暴な手段を取り続けます。

そしてついに、ヤザンはアーガマの通信手であるサエグサに重傷を負わせます。

その光景をZガンダムのコックピットから見ていたジュドーは、ヤザンへと怒りを爆発させました。

ZZという作品では幾度もジュドー達子供VS大人という図式が描かれています。このシーンとセリフはそんな図式の一つでした。

 

 

「ひゃ~、感動の嵐!ZZってなんてパワーなんでしょ!」
出典:第11話『始動!ダブルゼータ』

 

マシュマー・セロとキャラ・スーンに二人がかりで襲い掛かられ、Zガンダムのメインカメラを消失する等の深手を負って窮地におちいったジュドーでしたが、イーノ・アッバーブとルー・ルカが持ってきたパーツとコア・ファイターがドッキングしZZガンダムになります。

その圧倒的なパワーでマシュマー隊を退けたジュドーはZZの性能を称賛しました。

作中前半は前作のZガンダムの反動とばかりに明るい作調であったので、こういった明るい調子のセリフが多く使われていました。

 

 

「これさえありゃあ、もうマシュマーなんて火に焼いて食べちゃいますよ!」
出典:第11話『始動!ダブルゼータ』
上のセリフの後に続いた名言というよりも迷言。

 

恐らくマシュマロとマシュマーをかけているのでしょうが、文字だけ読むと猟奇的です……

 

「大人はいきなり人を殴っていいのか!?」
出典:第20話『泣き虫セシリア(前)』

 

ジュドーの態度に怒って殴り掛かった(修正しようとした)ウォン・リーに反撃した際のセリフです。

かつて同じようにカミーユもウォンに反撃しようとして返り討ちあっていましたが、ジュドーはあっさりとかわし、膝蹴りで反撃しました。

 

「なんて……なんてことを……自分勝手な判断だけで……」
出典:第21話『泣き虫セシリア(後)』

 

ジュドー達は月面都市グラナダでアーガマの通信手トーレスの幼馴染であるセシリアという女性と出会います。

セシリアはネオ・ジオン軍士官ゴットン・ゴーに雇われたスパイでした。スパイの報酬として移民船のチケットと金塊を受け取ったセシリアでしたが、金塊は時限爆弾だったことに気づきます。

セシリアは船とグラナダを守る為、ゴットン達のMSに爆弾ごと取りつきました。

MSを追撃していたジュドーはセシリアに気づき、救出しようとしましたが一歩間に合わずセシリアはゴットン達が乗る輸送船を道連れにして爆発の中に消えていきました……

 

この話を境にZZは最初の頃のコメディ調から一転し、シリアスな作風へと方向転換していきます。

 

「プル、チョコパフェを食べたくないのか!?」
出典:第23話『燃える地球』

 

ジュドーを倒すために洗脳されたニュータイプの少女エルピー・プルの洗脳を解こうと、このセリフを言いました。

普通ならこんな言葉一つでどうにか出来るような洗脳ではなかったのですが……プルには効果があり、洗脳を解くきっかけになりました。

 

 

「ニュータイプなんて知らないね!俺はリィナを助けるだけだ!」
出典:第27話『リィナの血(前)』

 

ハマーンと対峙した時に「ニュータイプの直感だけに頼っていればいずれ破滅するぞ」と言われことに対して、このセリフで言い返します。

この時点でのジュドーにとって戦う理由は常に妹の為でした。最初はリィナの進学の為、リィナがさらわれてからは彼女を取り戻す為。

そんなジュドーからしてみれば周りの大人が言う正しさや、ハマーンが語る理想などどうでもよかったのでしょうね。

 

 

  • 「誰でも彼でも巻き添えにして、ジオンだかアクシズだか知らないけど!」
  • 「イーノ、行くぞ!」
  • 「許せないんだよ、お前らっ!」
    出典:第29話『ルーの逃亡』

 

前話でリィナを失ったことにより戦う理由を失ったジュドーは自失状態になってしまいます。

リィナの件によってシャングリラの仲間達との間に溝が出来たルーの逃亡などアクシデントが続く中、ネオ・ジオン軍によるアフリカのエレゴレラ基地への襲撃を知ったアーガマは救援に向かいます。

救援に駆け付けた先でジュドーが見た光景は、軍も民間人も関係なく無差別に攻撃するネオ・ジオン軍の姿でした。

その光景はジュドーを激怒させ、それまでリィナを失ったことにより戦う理由を見失っていたジュドーへと、再び戦う意思を取り戻させます。

このシーンでは、上のセリフと共に『宇宙を駆ける~ゼータの発動~』がBGMとして流れ、前作に負けないシリアスな雰囲気がジュドーの怒りの深さをうかがわせます。

 

 

  • 「お前ら!地球でノホホンとしてて何がわかるの!?」
  • 「お前ら!ハマーンがどんな奴か知っているのか!」
  • 「俺達がどんな苦しい思いをして戦って……リィナも死んで……それなのに俺達が戦争をしたがっているだと!?」
  • 「お前達が何もしないから、世の中メチャクチャになるんじゃないか!」
    出典:第33話『ダブリンの午後』

 

ダブリンに避難していた地球連邦の高官とブライトとの会話に乱入した際のセリフです。

この時、地球連邦の高官達はハマーンの狙いや危険性を考えず不用意な融和策を取ろうとするだけでなく、
苦言を呈するブライトに対して「戦争をしたがっている」と侮辱しました。

この言葉を聞いたジュドーは怒りのあまり乱入し、政府高官の一人を殴り飛ばしてしまい、
ブライト共々地下室に閉じ込められてしまいます。

 

我が身可愛さにハマーンに無抵抗で尻尾を振ろうとするだけでなく、必死に戦い続けたアーガマを侮辱した政府高官達の腐敗ぶりは、大事な妹を戦いで失ったジュドーにとって許すことのできない相手だったのです。

 

 

「正気で戦争が出来るかっ!」
出典:第35話『落ちてきた空』

 

ネオ・ジオン軍によるダブリンへのコロニー落としを察知したジュドー達は、
ハヤト・コバヤシ達カラバと共にダブリンの市民の救出作戦を展開します。

それを妨害するネオ・ジオン軍による激しい攻撃の中、
ハヤトはジュドーを庇いラカン・ダカランのザクⅢにより撃墜されてしまいます。

ハヤトの仇を討とうとコロニー落着まで間の無い中、執ようにラカンを追うジュドーに対し「正気か?」と呟いたラカンへと、
このセリフを返しています。

 

 

「頭と体を使えば勝てる!シャングリラではそうやって生きてきたんだ!」
出典:第41話

 

丸腰の状態でスタンパ・ハロイが乗るズゴックに追われながら言ったセリフですね。

生身でMSに取り付くなど、生来の行動力と高い身体能力を持つジュドーらしいセリフです。

この時もビルに取り付けられていたクレーンを操作し、ズゴックのモノアイを潰し運河に叩き落しました。

 

 

「俺は間違いなく、身勝手な人の独善に対してみんなの意思を背負って戦っている!」

出典:第46話『バイブレーション』

 

ハマーン率いるネオ・ジオン軍とグレミー・トト率いるネオ・ジオン反乱軍、
そしてジュドー達ネェル・アーガマとガンダムチームという三つ巴の戦いの中、
ジュドー達はクィン・マンサを駆るプルツーと同乗するグレミーとの最終決戦を行います。

戦いの中、自分は大義の為に戦っていると宣言するグレミーに気圧されるジュドーでしたが、
ニュータイプの力を通してカミーユが告げた「その君の勘から発した、君の怒りといら立ちは理由になる」という言葉と、
それまで関わってきた人々の想いに突き動かされ、
ジュドーはこのセリフを始めとし、グレミーに反論します。

 

グレミーはザビ家の正当な血筋は自分であるということを主張していますが、
ジュドーからしてみればザビ家の血の原点は地球であり、
そんなものは地球に生きる何千億分の一に過ぎない。

地球は汚染されコロニーですら、
ジュドーの故郷のであるシャングリラコロニーのように老朽化と人々の心の荒みで腐り始めている。

人類全体で自分達を見つめなおし、
やり直さなくてはいけない時にそんなちっぽけなことに拘って争うようなグレミーのいう大義はただの自己満足に過ぎない、
と言い放ちます。

 

この言葉は戦場で闘うハマーン、ネェル・アーガマの仲間達、援軍の艦隊の中にいたブライト、
そして戦場から遠く離れたリィナにも届いていました。

 

 

「俺を待っているんだよ。ハマーンは、こちらの動きに合わせてジッと待ってくれているんだ」

「俺にはわかるよ。これ以上、無駄な血は流したくない。決着は俺とハマーンで着ける!ハマーンもそのつもりさ」
出典:第47話『戦士、再び……』

 

グレミーとの戦いが終わり、戦場は一時的ながらも静けさを取り戻します。

何の動きも見せないハマーンに対していぶかしむネェル・アーガマの仲間達に対し、
ジュドーはこのセリフを言います。

かつて仲間達がジュドーとハマーンは共鳴しているという言葉通り、
この時のジュドーとハマーンは最後の決着を軍としてではなく、
個人として付けたいという考えで一致していました。

ジュドーはハマーンに誘われても拒絶し続けていましたが、
おたがいにニュータイプとして認めあっていたことが分かるセリフです。

 

 

「アンタの存在そのものが鬱陶しいんだよ!」
出典:第47話『戦士、再び……』

 

ハマーンとの一騎討ちの最中、
コア・ファイターから投げ出されたジュドーとハマーンは一時的に生身の戦闘を行うこととなり、
その時に出たセリフです。

最終決戦に及んでもなおジュドーを勧誘するハマーンを、
ジュドーはこのセリフと共に拒絶します。

 

 

「わかるぞ……ZZがみんなの力を」「みんなの力が、ガンダムに!」
出典:第47話『戦士、再び……』

 

ハマーンとの戦いの中、行動不能になったコア・ファイターが戦いの中で散っていった人々の想いによって導かれ、
ZZにドッキングした際のセリフです。

ジュドーのニュータイプ能力が生み出したその不可思議な現象に、
ハマーンはジュドーが持つニュータイプの力を感じます。

 

 

「それじゃ、死んでいった連中はどうなる!ええ、ブライトさん!?いっぱい死んだんだよ、いっぱい……!」
出典:第47話『戦士、再び……』

 

ジュドーがハマーンとの一騎討ちに勝利し、
第1次ネオ・ジオン戦争はネェル・アーガマ――つまりエゥーゴと地球連邦側の勝利で終わります。

しかし、当事者であるジュドーからしてみればハマーンに反抗することもせず、
事態を静観しておいて勝敗が決まった後に援軍として来たエゥーゴの人々に、
怒りを抱きます。

その上、戦いの後のことや本物のミネバ・ザビのこと以外気にも留めない大人達へと、
ジュドーは激しい憤りを感じていました。

思わずエゥーゴ上層部に掴みかかるジュドーを制止するブライトへと、
涙を流しながら上のセリフを言います。

戦争の中で理不尽に命を奪われた人々や、戦いの中で命を落とした兵士達。

ジュドー自身も最愛の妹リィナだけでなく、知り合ってきた人々を失ってきました。

 

その中にはマシュマーやキャラ、ハマーンといった敵対してきた人々も含まれていたのでしょう。

そんなジュドーの憤りを、ブライトは殴られることで受け止めました。

 

 

「リィナ……生きて、やっぱり!」

「こいつ、大きくなってさぁ!」
出典:第47話『戦士、再び……』

 

戦後、ジュドーはルー・ルカと共に木星船団に志願します。

最低3年は地球圏に戻ってこれないという長い旅路に向かおうとするジュドーを見送る為、
仲間達が集まりますが、ジュドーは彼らの後ろにリィナの姿を見つけ、駆けよります。

 

リィナもセイラ・マスの後押しを受けジュドーの方に駆け寄り、
兄妹は短くも長い別離からようやく再会を果たしました。

リィナと抱擁(ほうよう)を交わしながら、
ジュドーはこちらのセリフを言います。

 

辛く苦しい戦いの果て、ようやくジュドーの戦いが報われた瞬間でした。

 

スポンサードリンク

ジュドーアーシタのメンタルの強さや最強評価も調査!

[afTag id=471]

 

ジュドーは前作主人公カミーユ、アムロと比較したとき、もっともメンタルが強いと言われています
ただ、最強かどうかは判断できない、というのが結論になります。

 

まずメンタルが強いという根拠として、
原作者である冨野監督が『逆襲のシャア』のインタビューで
パイロット最高はアムロ、ニュータイプ能力最高はカミーユ、人間的な精神的な強さはジュドーが最も強い
という旨の発言をした、という話がありました。

残念ながらこのインタビュー自体は入手できませんでしたが、
作中のジュドーを見るとその評価が妥当であると思います
(ジュドーが高い素質を持つニュータイプであることは代わりませんが)。

また、ZZのメイン脚本を担当した鈴木裕美子氏が
ジュドーのニュータイプ能力はアムロやカミーユに劣るが、自然に力を身につけることができ、
その大地に根差した能力こそが、それまでのニュータイプが持っていなかった力。
その力をハマーンは恐れた

と発言したことがあったそうです。

確かに、作中に出てくるプルの方がニュータイプとして優れた能力を見せていたように感じますね
(精神感応で言葉を交わす、特定の人物の気配を察知して探すなど)。

 

しかし、ジュドーの真価はニュータイプ能力よりもその高いバイタリティにあると思います。

14歳という若さで生活の為にジャンク屋の仕事をこなし、
妹という守るべきものを持っていたジュドーは、
アムロやカミーユに比べ『地に足をつけている』とも言えます

 

また、ジュドーが戦う理由は常に『リィナを守り、助ける』という、
人間としてナチュラルな動機が元であり、
特定の思想や観念に囚われることはありませんでした。

これはある意味で『ニュータイプ』という言葉に囚われていたアムロやカミーユとの違いと言えます。

ジュドーが生来持ち合わせているバイタリティの高さがジュドーの精神を鍛え上げ、
彼のメンタルの強さに繋がっていると思います。

 

最強評価についてですが、アムロ、カミーユと比べても一概に誰が最強かは判断が分かれると思います

単純なパイロット能力ならば『逆襲のシャア』時代のアムロの方が高いと思いますし、
ニュータイプ能力を見ればカミーユは最高のニュータイプと評価されています。

これだけを見ると、ジュドーはニュータイプやパイロットとして彼らに劣っているように感じられますが、
その分ジュドーにはアムロ達にはない長所があります。

それは先に触れたメンタルの強さであり、ジュドーが持つ生き抜くための力だと思います

 

スポンサードリンク

まとめ

 

今回の記事はいかがだったでしょうか?

 

ジュドーの名言やセリフですが、前半はZZの作風がZとは反対に明るいものだったので、
明るいコメディタッチなセリフが多かったですね。

 

後半からはシリアス路線に変更された為か、シリアスなセリフが多かったですね。

また、ジュドーのメンタルの強さは彼の育ってきた環境や、
最愛の妹リィナや仲間達の存在が多いと思われます。

ジュドーが最強かと言われると個人的な考えではありますが、
必ずも最強であるとは言えないと思います。

しかし、アムロやカミーユにそれぞれ劣る部分はあれど、
その資質や才能は劣っていないのではと考えられます。

 

『機動戦士Zガンダム』は劇場版でリメイクされ、
ラストが変更されたためZ劇場版の続編としてのZZのリメイクは難しいとされていますが、
ZZも名作と言ってもいいガンダム作品なので、
いつの日にかリメイク版も見てみたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

\この記事はいかがでしたか?/

-ガンダムキャラクター
-,

© 2021 ガンダムHack Powered by AFFINGER5